1. トップへ
  2. 探偵関連
  3. 探偵に調査を依頼したら料金はいくらですか?

探偵に調査を依頼したら料金はいくらですか?

A: 調査の種類によって相場が違ってきますが、浮気調査の場合は30万円~120万円程度かと思われます。その他、人探し、盗聴器の調査についても見ていきましょう。

探偵に依頼するときの料金相場は、調査の種類によっても異なります。

探偵の調査依頼は、決して安価なものではありません。また依頼者の立場になることも多いとは言えず、相場を知る機会はなかなかないものと思います。

ここでは、代表的な探偵による調査、「浮気調査」、「人探し」に加えて、「盗聴器調査」についてご説明します。
探偵への依頼をご検討中の方に、お役立ていただけますと幸いです。


探偵の浮気調査、料金相場はどれぐらい?

まずは、浮気調査を探偵へ依頼する場合の料金相場にスポットを当ててみましょう。

浮気調査(素行調査)は、探偵事務所で最も依頼件数の多い調査です。
その分比較的需要が高いため、気にされる方も多いのではないでしょうか。

探偵調査員の人件費、車両費、資料作成費、その他雑費などをひっくるめて、大体30万円~120万円程度という金額が相場となります。
これは、依頼する調査プランや調査にあたる期間により、調査料金にはかなりブレが出ることを考慮したものです。

なるべく安価に依頼しようとするのであれば、ご自身の事情に最も適した調査プランを選ぶ必要があります。


浮気調査の場合は、成功報酬プラン、時間制プラン、パックプランなどが代表的で、探偵社によって採用しているプランも異なります。

それぞれのプランの特徴を理解しておけば、依頼先を吟味する助けとなるでしょう。

素行調査のプラン別に料金相場を教えてください。

探偵の人探し調査、料金相場はどれぐらい?

次に人探し調査の場合、調査を行う期間と人員にもよりますが、およそ20万円~30万円程度が相場となります。

ただし人探し調査は、現在お持ちの情報の量などから難易度を設定し、それをもとに料金を決めることも多いです。

そのため、調査の難易度が想定以上に高い場合などは、料金が30万円を超えることもありえます。


また、遠方の地域での調査活動が必要なケースなどは、出張費が別途求められることも考えられるため注意が必要です。


探偵の盗聴器発見調査、料金相場はどれぐらい?

盗聴器発見調査の場合であれば、基本的に調査範囲(調査を行う場所の面積)によって料金が決まります。

一般的な20㎡程度の部屋で、5万円~6万円程度が依頼料の相場になるでしょう。

ただし、使用する調査機材のグレード、数なども料金に関わってくることがあります。

調査機材の使用料に関しての確認はとても大切です。
高性能な機材を使った調査の必要性を理解した上で、依頼することをおすすめします。

料金で選ぶ探偵調査、見るべきポイントとは?

ここまで料金相場について解説してきましたが、各調査において料金を決定するポイントも同時に少し触れました。


料金の面から依頼する探偵事務所を決定するとき、見ておきたいポイントはまだまだ存在します。


そこで、浮気調査、人探し調査、盗聴器発見調査それぞれについて、チェックポイントを挙げていきましょう。

浮気調査の費用で見るべきポイント

  • 料金プランは調査したい内容にあっているか
  • 調査に時間がかかりすぎてはいないか
  • 調査にあたる人員が多すぎないか
  • 調査開始後・終了後に追加費用が要求されるのはどんなときか

探偵へ浮気調査を依頼するときの相場解説でも触れましたが、現在の調査対象の状況や揃っている情報によって、適した料金プランは異なります。

それを見極めることは、とても重要なポイントです。

また、調査時間や調査員の人数は、一部特殊なプランを除いて、支払う料金に直結するものです。
もちろん少なすぎて調査に失敗しては何の意味もありませんが、過剰な調査時間と人員を提示された場合には注意しましょう。あまり良い探偵業者とは言えません。

加えて、調査開始・終了後、見積もり以上に費用が発生するのはどんなときかを尋ねておいてください。意図しない支払いを避けることができます。

人探し調査の料金で見るべきポイント

  • 探したい相手に対して、調査期間が適切か
  • 調査の成功と失敗の条件は明確か
  • 調査の手段は適切か

探偵による人探しは、調査の難易度によって料金が大きく変わる調査のため、適切かどうかの見極めが難しいです。

そのため、探したい相手について現状持っている情報を整理した上で、複数業者に見積もりを取ると良いでしょう。
見積もりを依頼する中で必ず調査についての話を聞けますから、その内容も含めて吟味してください。

特に3つ目の「調査の手段」については、「特別な手段を使う」と匂わせるような業者は避けることをおすすめします。

探偵に許されるのは、足と聞き込みを使った調査のみと法律で定められています。料金どころではない事態に巻き込まれかねません。


盗聴器発見調査の料金で見るべきポイント

  • どんな盗聴器に対応した調査ができるか
  • 何㎡から調査できるか
  • 盗聴器が見つかったときの対応はどうするのか

一部の探偵業者が扱う盗聴器調査。こちらは、対応できる盗聴器がそもそも業者ごとに大きく異なります。

どんな盗聴器に対応できるのか、必ず確認しておきましょう。

また、調査する上で最低限の面積が決まっていることもあります。調査したい場所の間取り、広さを確認してから見積もりを依頼するようおすすめします。

加えて、盗聴器が発見された場合の対応と、その料金も重要です。

探偵事務所によっては、「発見した場合はこちらで取り外します」と言われることもあります。別途料金がかかる業者とそうでない業者があるため、事前に聞き取っておきましょう。

探偵調査はしっかりと見積もりを

探偵業者の調査は、ここで紹介したもののみに留まりません。中には、あまりにもオーダーメイドの調査すぎて相場を考えることすら難しい依頼もあります。

相場がよくわからず困ってしまったら、まずは業者に見積もりをお願いしましょう。複数業者から見積もりを受け取れば、簡易的に間をとって相場を知ることができます。